山内悠写真展「夜明け」がすごい?富士山から4年間写真を撮った?

この記事は2分で読めます

WS000944

富士山の7合目にある山小屋で働き、4年という期間
写真を撮り続けた写真家の山内悠さん。
その写真展「夜明け」で知られた方も多いと思います。

山内さんは夏は山、冬は島で多くの時間をすごされていたようで、
そこで人間は生かされていることに気付いたそうです。
地上3000メートルで暮らしていたからこそ感じた、
自然の厳しさ、すばらしさなどを写真で表現する
山内さんとは一体どのような人なのでしょうか。

スポンサードリンク

 

山内悠さんのプロフィール

WS000947

1977年兵庫県生まれ。
独学で写真を始める。
2004年より本格的に作品制作を続け、
2010年写真集『夜明け』(赤々舎)を発売。
夜明けシリーズの全国巡回展を開催。
受賞歴 color imaging contest 2006 特選受賞、
第31回写真新世紀 佳作(野口里佳選出)、
International Photography Award 2009 Fine Art部門Honorablemention受賞。

 

 

写真展「夜明け」

WS000946

上でも述べたように、富士山の7合目にある山小屋に4年間で600日
働きながら住み込んで写真撮り、その写真展を開催していました。
さらにその写真は写真集にもなり、現在発売されています。

上の写真の中にある9つの写真の真ん中の宇宙から見た地球のような写真は、
朝日が出る前の富士山からの写真を逆さまにしたものなんだそうです。
宇宙の写真と言われたら信じてしまいそうですよね。
山内さんはもともと、富士山では地上3000mに住む人を撮りにいっていたそうなんですが、この写真を現像してから朝日を撮るようになったんだそうです。

ちなみにYoutubeにこんなのがあったので紹介しておきます。

 スポンサードリンク

 

世界遺産

今年も富士山の山小屋に行った山内さん。
その間に富士山が世界遺産になったそうです!
するとお客さんが増え、電話では変な質問をされたんだそうです。
その質問は、

ウォシュレットは在りますか?

地上3000mですよ?
水洗のトイレですらないような場所に
ウォシュレットなんてあるわけないですよね。笑
ちなみに水は雨水をろ過して使用しているそうです。
富士山って実は、毎年何人もの人が
亡くなっているほど危険な場所だそうで、
今年もすでに3人もの方が命を落としていそうです。
メディアではそのようなマイナスな情報は流してくれないので
我々は富士登山を軽視しすぎているのかもしれませんね。

そんな過酷な地に600日も住み、
写真を撮り続けた山内さんの撮る写真には
他とは違う重みを感じてしまいますね!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。