加賀美セイラ実家は金持ち?父の職業は?激太りで性格悪い?妹は?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2013-10-26 12.20.13

 

ファッションモデルや女優としても
活躍中のマルチタレント加賀美セイラさん。

 

大学進学のために芸能活動を休止されるなど
変わった芸歴の持ち主である加賀美さんについて
いろいろまとめてみました。

スポンサードリンク

 

加賀美セイラさんのプロフィール

 

別名:加賀美 聖良(読み同じ)
出生:1987年6月13日(26歳)
血液型:O型
学歴:トロント大学
出身地:東京都
ジャンル:J-POP、アニメソング、ハウス職業歌手、ファッションモデル、女優
活動期間:2000年 -

 

日本人の母とフランス系カナダ人の父を持つ
ハーフとして1987年に生まれ、現在26歳。

 

2000年にファッションモデルとしてデビューすると
その美しさが評価されゼクシィのテレビCMに出演、
話題となりました。

 

⇒「ゼクシィ」のCMはこちら!

 

その後、カナダにあるトロント大学に進学するために
一旦芸能活動を休止します。

 

トロント大学といえば世界の大学ランキング
現在21位の名門中の名門なんです!

 

ちなみに東京大学は27位なので
加賀美さんの頭の良さは理解いただけるかと思います。

 

加賀美さんは中学校から日本にある
インターナショナルスクールに通っていたこともあり
大学に入る前から英語は話せていました。

 

2007年から歌手や女優になりたいという夢をかなえるために
大学を休学し日本に戻りか活動を再開されています。

 

ちなみに加賀美さんにはモデルをされている
妹がいらっしゃいます。

 

スクリーンショット 2013-10-26 12.25.51

 

妹の美玲奈さんとツーショット。

 

そっくりすぎてどっちがどっちだかわかりません!!笑

 

 

実家は金持ち?父の職業は?

 

実は加賀美さん、実家が大金持ちのようで
テレビで紹介されたこともあります。

 

なんとリビングは30畳もあり
加賀美さんの部屋も15畳、家政婦もいれば
都会を見渡せるテラスまであるのです!!

 

広すぎますし、家政婦って!!笑

 

場所は加賀美さんが六本木の学校にも通われていたことから
その辺りではないかと思います。

 

そんな高級な家に住んでいる加賀美さんの
父親が何をされているのか気になったので
調べてみました!!

 

しかし、残念ながらまったく情報がありませんでした。

 

ただ普通の人ではないことは間違いなさそうですね!

 スポンサードリンク

 

恋人は?

 

加賀美さんはこれまで二人の芸能人と
熱愛を報道されています。

 

一人目は山下智久さん。

 

山下さんとは4年前にフライデーで報道されているようなのですが
破局したといわれています。

 

今年の6月には三浦春馬さんとの熱愛が報道されています。

 

三浦さんとは都内のカフェや
レストランでの目撃情報があり
デートしていることは間違いなさそうです。

 

ただ三浦さんは、同じくハーフの岸本セシルさんとの
報道もあるので気になるところです。

 

どっちにしても美男美女が結ばれる世の中なんですね。

 

 

激太りで性格悪い?

 

加賀美さんの性格が悪い
という声が多かったので調べてみました。

 

Twitterでは以下のように言われていました。

 

スクリーンショット 2013-10-28 1.21.50

 

ひどい言われようですね。

 

加賀美さんはハーフキャラに
よくありがちなタメ口を使う方のようです。

 

それに加えてえせ関西弁で品のない話し方をし
すげーやべーを多用する
騒いでいるだけで芸のない方と思われているようです。

 

最近まで放送されていた
ピカルの定理にも出演されていましたが
出演前からあまり評判はよくありませんでした。

 

スクリーンショット 2013-10-28 1.34.27

 

実際のところ、それでも使われた加賀美さんが使われたということは
加賀美さんを支持する人の方が多数派なのかもしれませんね。

 

そんな加賀美さんが太ったという情報が!!

 

その写真がこちらです!

 

スクリーンショット 2013-10-26 12.24.36

 

確かに太っています。

 

批判されてストレスが溜まったのかもしれませんね。

 

きっと今は自分のキャラクターを
模索している時だと思いますので、
あまり批判をせずに温かく見守ってあげましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。