お月見 十五夜2013は9月のいつ?中秋の名月とは?由来や意味は?

この記事は2分で読めます

スクリーンショット 2013-09-01 23.18.01

 

 

もうじきお月見ですね!
今年のお月見はいつだか
ご存知ですか?

 

今回はお月見の日が
どのように決まっているのか、
お月見の歴史と合わせて
みていきましょう!!

スポンサードリンク

 

 

 

お月見とは?

 

お月見とは旧暦の
8月15日の夜に月を眺めることで、
このお月様を中秋の名月と言うんだそうです。

 

中秋とは秋の中日のことで
旧暦の秋は7月、8月、9月
なのでその中間の日である
8月15日を指しているんです。

 

ちなみに仲秋の名月
という言葉もあります。

 

これは、
旧暦7月→初秋
旧暦8月→仲秋
旧暦7月→晩秋
ということから
8月の月を示しているんですね!

 スポンサードリンク

 

由来は?

 

お月見は中国から伝わったと言われており、
奈良時代にはすでに伝わっていたことは
歌集などから読み解かれているそうです。

 

旧暦8月15日の夜を十五夜、
旧暦9月13日の夜を十三夜といい
昔の方はどちらの夜も月を観ていました。

 

お月見の由来は、月を観賞して楽しむ習慣と、神様への豊作祈願や収穫感謝の儀式が合わさったものです。

収穫感謝の儀式ですから、その時期に穫れた野菜などをお供えし、
旧暦8月15日(新暦9/7頃〜10/7頃のあいだ)の十五夜にはその時期に穫れる里芋を供えることから「芋名月」、
旧暦9月13日(新暦10/5頃〜11/4頃のあいだ)の十三夜には豆や栗を供えることから「豆名月」「栗名月」、
といいます。

 

スクリーンショット 2013-09-02 14.37.38

 

 

 

 

旧暦と新暦の違いは?今年のお月見はいつ??

 

旧暦の8月15日、お月見(十五夜)が
新暦だといつにあたるのかを知るためには、
この違いを知らないといけません。

 

旧暦は月の満ち欠けを
基準としているので
ひと月が約29日半程なのです。

 

1年は12ヶ月で354日前後
新暦よりも短めです。

 

逆に閏年は13ヶ月で384日前後
新暦よりかなり長めになっています。

 

旧暦の閏年は
19年に7回訪れるそうで
19年周期で新暦と
同じサイクルになるんだそうです。

 

こういったことで旧暦の8月15日は、
毎年違う日になるわけなんですが、
基本的には秋分の日(新暦9月23日頃)
の前後1ヶ月を変動しているんだそうです。

 

スクリーンショット 2013-09-02 14.38.25

 

そして気になる今年の十五夜は

9月19日です!!

 

ちなみに来年以降は、

2014年→ 09月08日
2015年→09月27日
2016年→09月15日

となっています。

 

旧暦の8月1日の新月の日から
14日後に十五夜を迎えるのですが、
なんと十五夜の月は
満月とは限らないのです。

 

というのも、
月が新月から満月になるまでの日数は
14〜5日と正確ではないため
その年によって
満月のときもあれば
そうでないこともあるんだそうです。

 

 

意外と知られていなかったので
参考程度に紹介しておきました。

 

 

 

この記事が少しでも参考になり
お月見について少しでも詳しく
なっていただいたとすれば
今年のお月見は、さらに
楽しめるのではないでしょうか?

 

読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。