ふたご座流星群2013年見頃は?スポット方角は?2014年は?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2013-10-07 17.23.24

 

年に一度のビッグイベントである
ふたご座流星群がもうすぐやってきますね!

 

せっかくなので、
ふたご座流星群の見頃はもちろん、
ふたご座流星群についてわかりやすく
紹介していこうと思います!!

スポンサードリンク

 

 

 

 

ふたご座流星群

 

スクリーンショット 2013-10-07 17.21.47

 

ふたご座流星群とはふたご座のα星カストル近くを
放射点として現れる流星群のことで、
主に12月中旬に観測されます。

 

今年は12月14日に極大
(最も活発に活動する時期)を迎え
一番多く流星を観ることができます。

 

ふたご座流星群は、
1月のしぶんぎ座流星群
8月のペルセウス座流星群と並んで
年間三大流星群の一つです!

関連記事:しぶんぎ座流星群2014観測のピークは?方角は?母天体って何?

 

 

 

流星群とは!?

 

そもそも流星とは大きさが
0.1mm〜数cmの小天体(塵)が
地球の大気に猛スピードで突入し、
大気の分子と摩擦を起こしプラズマ化した
ガスが発光する現象のことです。

 

地上から100km程度の高さで光り始め、
50kmの高さで消えるのですが、
元の大きさが大きい小天体は
隕石として地球に落ちてきます。

 

また、消滅したものも
塵として地球に降り注いでいるのです!

 

では流星群とは一体
どういったものなのでしょうか?

 

流星群とは毎年同じ時期に、
天球上のある1点から放射状に
流れ星が飛び出してくることで、
ふたご座流星群の場合は
ふたご座のα星カストル付近から
毎年12月中旬に観測できる流星群なんです。

 

流星になる塵を放出しているのが彗星といわれ
その放出された塵は彗星と同じ軌道上を回ります。

 

スクリーンショット 2013-10-07 17.22.42

 

その塵の軌道と地球が公転している軌道上で
重なる時に塵が地球に降り注いでくるわけなんです。

 

 

 

ふたご座流星群の彗星は!?

 

実はふたご座流星群の彗星(母天体)は
長い間わかっていませんでしたが、
1983年にふたご座流星群と同じ軌道を持つ
小惑星・(3200)ファエトンが発見されました。

 

ここで注目したいのは
ファエトンが彗星ではなく小惑星だったことです。

 

小惑星と彗星の違いは簡単に言うと
拡散成分があるかないかで
彗星の場合はガスや塵などの
揮発成分を放出しています。

 

スクリーンショット 2013-10-07 23.05.35

 

小惑星はそれを出し尽くした
岩みたいなものです。

 

ファエトンはかつては彗星として
揮発成分を放出して
同じ軌道上に塵を残していましたが、
発見当時には小惑星となっていたわけです。

 

しかし、2013年にファエトンから
太陽とほぼ反対の方向に伸びる彗星状の尾が
見つかったと発表されます。

 

実はファエトン、現在も彗星として
塵を放出していたことが今年わかったのです!!

 スポンサードリンク

 

ふたご座流星群2013年見頃は?スポット方角は?

 

スクリーンショット 2013-10-07 23.08.29

 

より多くの流れ星を観測するためには
3つの条件を満たす必要があります。

 

  1. 流星群自体の活動の活発さ
  2. 放射点の高度
  3. 月の明るさ

 

まず1つ目の流星群の活発さですが
14日に極大を迎えることから
その前後がいいようです。

 

2つ目の放射点の高度ですが、
ふたご座は20時頃から朝まで高い位置にあります
最も高い位置にくるのが2時です。

 

3つ目の月の明るさですが、
今年は満月になる前の月が
13日の3時
14日の4時
15日の5時
まで沈まないようなので
かなり観測の邪魔になるでしょう。

 

これらの条件をふまえると
見頃は14日の夜中から朝にかけて
一番いいみたいです。

 

第二候補は13日の夜中から朝のようです。

 

月があっても、視界に入れないようにして
暗くて視界の広い場所で観測するといいみたいです!

 

スクリーンショット 2013-10-07 23.46.24

 

場所に関しては東京でも
大阪でも沖縄でも北海道でも
どこでも観られます!

 

一応今年のおすすめは
アメリカやカナダで
観測時間に月が沈んでくれるからだそうです。

 

寒い時期になりますので
防寒対策だけには気をつけて
楽しんで観測してください!

関連記事:アイソン彗星2013最新情報!現在の見え方!観測の見頃と方角?

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。