池田愛恵里はセレッソ柿谷曜一朗と熱愛?ビール売りで有吉反省会?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2013-12-21 22.20.50

 

池田愛恵里さんという方をご存知でしょうか?

 

池田さんは関西を中心に
タレントとして活動されている女性です。

 

そんな池田さんが有吉反省会に出演するというので
いろいろまとめてみました!!

スポンサードリンク

 

 

池田愛恵里さんのWikipedia(ウィキ風)プロフィール

 

本名:池田愛恵里
誕生日:1990年7月29日
血液型:A型
身長:166cm
出身地:滋賀県
趣味:お笑いのライブを見に行くこと
特技:大根のサイズを見分けられること

 

池田さんは今年大学を卒業されたばかりの23歳です。

 

関西を中心に活動されていて
現在出演中のテレビ・ラジオ番組がいくつもあるみたいです。

 

グラビアアイドルとしての撮影会や
レースクイーンとしても活躍されています。

 

そして、気になるのが
池田さんのブログのプロフィールに書かれている

「甲子園ライトスタンドで売り子もしてます(*^ω^*)」

⇒池田さんのブログはこちら

 

どうやらビールの売り子をしていたみたいなんですね。

 

 

ビール売りで有吉反省会?

 

12月25日に放送される
有吉反省会2時間スペシャル
に出演が決まった池田さん。

 

池田さんの反省理由は
「ビール売りを踏み台にしてしまう」
ということなのですが、
いったいどういうことなのでしょうか?

 

ちょっと池田さんのビール売りをしていたときについて調べてみました!

 

どうやら大学三年生のときまで
野球場でビールを売っていたみたいです。

 

そして甲子園のときには
売り上げが1位になり
487杯も売ってしまったんだとか!!

 

というのも、リピーターがたくさんいたみたいなんです!

 

そりゃ、こんなかわいい子がビールを売っていたら
おじさんたちは何杯でも買ってしまいますよね?

 

私の知り合いには、かわいいビールの売り子に
おつりを全部あげたりしているので、
チップもたくさんもらっていた可能性もありそうです。笑

 

それにしても487杯はすごすぎですよね?

 

1杯350mlだとしても、
487×350mℓ=170,450mℓ
170ℓも売り上げてしまったことになります。
(計算間違っていたらすみません)

 

よく働きました!笑

 

そして池田さんの魅力に魅せられビールを買ってしまった方々の中には
今でもイベントに駆けつけてくれる人もたくさんいるみたいなんです!!

 

おそらくそういったことが反省理由なのかもしれませんね。

 

もともと野球が好きだった池田さんは
阪神タイガースのファンのようで、
ビール売りから野球関係の仕事に繋げたかったと思われますが、
実は今年あるサッカーチームの応援リポーターに大抜擢されたのです!

 スポンサードリンク

 

柿谷曜一朗と熱愛?

 

ネットで池田さんを検索すると
柿谷曜一郎」「熱愛といったキーワードが出てきますね!

関連記事:柿谷曜一郎の神トラップ神シュート!?

 

これについても調べてみましたが
どうやらデマ情報のようです。

 

ではなぜ池田さんにこんな噂が流れたのかというと、
池田さんが今年、サッカーJリーグ
セレッソ大阪の応援リポーターに
選ばれたことが関係しているみたいです。

 

スクリーンショット 2013-12-21 2.36.31

 

池田さんはおそらく野球派だったこともあり
サッカーのルールもあまり知らなかったんだそうです。

 

しかし、1年間セレッソ大阪の応援番組
「ゴラッソ!セレッソ(Golazo Cerezo)」
に出演しリポーターとしての活動を通して
今ではセレッソ大好きなサッカー通になられたみたいです。

 

公式ブログには、

よく来シーズンのことを聞かれますが、来年のこと私の口からは何とも言えませんあせる

でも、これからもセレッソを応援することに変わりないので、サポーターの一員として、来年もよろしくお願いします(*・ω・*)/

と書かれていて
来年も応援リポーターを続けるのかはわかりませんが、
サッカーが大好きになったことは間違いなさそうです。

 

ということは、
日本サッカー界のアイドル的存在
柿谷選手に惚れてしまっている可能性はあるかもしれませんね!笑

 

ただ、この噂が現実になってしまったら
もともとセレッソが大好きな柿谷ファンたちは
間違いなくキレると思いますが…笑

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。