東アジアカップ2013放送日程&メンバー!中国は喧嘩しにくる?

この記事は3分で読めます

WS000502

もうすぐ開幕する東アジアカップ2013

国際Aマッチデーではないので、

ほとんどがJリーグでプレーをしているメンバーで構成されるそうです。

個人的には宮市選手や永井選手、小野(祐二)選手なども見てみたい気がしますが、

スポンサードリンク

Jリーグにもすばらしい選手はたくさんいるので本当に楽しみな大会になりそうですね!

 

東アジアカップと言えば上の写真のイメージが強いと思います。

2008年大会で安田選手が中国のゴールキーパーに飛び蹴りされるシーンです。

この試合はほんとにひどくて、中国のサポーターですら中国の代表選手を非難するほどでした。

WS000503

鈴木啓太選手が首をつかまれるシーンも。

ここ20年の間で最もひどい試合といっても過言ではないです。

⇒そのひどいプレー集がこちら

さすがに、このような試合にはならないと思いますが、、、。

たったの5分くらいの動画なのですが、

最後まで見るとものすごくうれしい気分になりませんか?

中澤選手があんな熱くなって勝利を喜ぶ姿は初めてみました。

おそらくワールドカップ出場が決まったときでも、

ここまで本気で喜んでいる姿を見なかったと思います。

 

韓国のメンバーが発表されましたが、

JリーグとKリーグの選手だけでメンバーが構成されていました。

確かにどこの国もベストメンバーではないので、

あまり注目していない方が多いようですが、

あの動画をみて、本気で勝ってほしいと思いました!

あのくらい熱い気持ちで戦ってほしいです。

特に今回の大会は普段代表に呼ばれない選手や、

呼ばれてもなかなか出場の機会を与えてもらえないメンバーでの戦いになるので、

誰にも(同じポジションのチームメイトにも)負けないという意気込みで戦ってきてほしいです。

残念ながらフジテレビの放送のため、

松木さんの熱い解説?を聞くことはできませんが、

熱い戦いを観戦できることを期待しています。

 

東アジアカップ2013放送日程

7月20日 16:00 日本女子代表 vs 中国女子代表  フジテレビ地上波

7月21日 03:00 日本女子代表 vs 中国女子代表 フジテレビONE

7月21日 20:55 日本代表 vs 中国代表 フジテレビ地上波

7月22日 00:00 日本代表 vs 中国代表 フジテレビONE

7月22日 12:00 日本女子代表 vs 中国女子代表 フジテレビNEXT

7月23日 05:00  韓国代表 vs オーストラリア代表 フジテレビNEXT

7月23日 12:00  日本代表 vs 中国代表 フジテレビNEXT

7月24日 03:00  韓国女子代表 vs 北朝鮮女子代表 フジテレビNEXT

7月25日 03:00  韓国女子代表 vs 中国女子代表 フジテレビNEXT

7月25日 05:00  韓国代表 vs 中国代表 フジテレビNEXT

7月25日 17:00 日本女子代表 vs 北朝鮮女子代表 フジテレビ地上波

7月25日 19:55 日本代表 vs オーストラリア代表 フジテレビ地上波

7月26日 00:00  日本女子代表 vs 北朝鮮女子代表 フジテレビONE

7月26日 03:00  日本代表 vs オーストラリア代表 フジテレビONE

7月26日 12:00  日本女子代表 vs 北朝鮮女子代表 フジテレビNEXT

7月27日 19:45  韓国女子代表 vs 日本女子代表 フジテレビ地上波

7月28日 00:00 韓国女子代表 vs 日本女子代表 フジテレビONE

7月28日 19:45  韓国代表 vs 日本代表 フジテレビ地上波

7月29日 00:00  韓国代表 vs 日本代表 フジテレビONE

 

気になるメンバーは、

GK
林卓人(仙台)
西川周作(広島)
権田修一(FC東京)

DF
駒野友一(磐田)
栗原勇蔵(横浜M)
※千葉和彦(広島)
森脇良太(浦和)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
鈴木大輔(柏)

MF
青山敏弘(広島)
※高萩洋次郎(広島)
高橋秀人(FC東京)
※山口蛍(C大阪)
※扇原貴宏(C大阪)
柴崎岳(鹿島)

FW
※豊田陽平(鳥栖)
山田大記(磐田)
※柿谷曜一朗(C大阪)
※齋藤学(横浜M)
工藤壮人(柏)
大迫勇也(鹿島)
原口元気(浦和)

※は初招集。

闘莉王選手、佐藤寿人選手も観てみたかったですね。

Jリーグ残り1試合!

ここで選ばれた選手は最後の1試合で更なるアピールをしてほしいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。